中古でも問題なしの複合機!円滑な業務が企業を成長させる

作業員

頭の中のものを

婦人

頭のイメージを形にしたいのなら

「3Dプリンター」という言葉をテレビなどで耳にしたことがある方は多いと思います、しかし具体的にはそれがどういうもので、どう使うのかはわかっていない人もいるはずです。3Dプリンターというのは、例えば四角い箱をプリントするとしましょう、今までの2Dのプリンター(普通の家にある一般的なプリンター)では四角い箱は実際の所は四角くは無く、紙などに印刷された絵や写真のようなものでした。しかし3Dプリンターを使用すると平面では無く立体的なまさに『四角い箱』としてプリントされるのです。そのためこの3Dプリンターという素晴らしい機械を使えば、頭の中にある自分自身で考えたイメージをそのまま立体的な形にして外に出すことが出来るようになります。そのため、多くの企業で使われるようになっています。

ホビー用の3Dプリンター

立体物を作れるということは、3Dプリンターは高いのでは無いかと考えている方も数多くいるでしょう、確かに業務用の寸分違わずイメージ通りに作れるような3Dプリンターはとんでもない価格であり、一般的なものは設置するのも苦労するような大きさです。しかしホビー用の3Dプリンターとなるとグッと価格が抑えられてお手軽な10万円前後からあります。ホビー用の3Dプリンターは単色のものしか作れなかったり、プリント出来るサイズが小さかったりと制限はあります。これは作りたいものを細かく部品に分けて個別にプリントすればある程度は回避できる問題です。そういった訳でまず初めに使ってみる3Dプリンターにはホビー用をオススメします。会社によって、どの程度の大きさの3Dプリンターが適しているのか違いがあるので、使用目的に合わせて導入すると良いでしょう。